海外FX業者XMでトレードするメリットとデメリット

数ある海外FX業者の中で、日本人トレーダーにもっとも人気があるXMTrading(エックスエム)。

  • XMでトレードするメリットは何なのか?
  • なぜ国内にもFX取引会社がいくつもあるのにわざわざ海外の取引会社を使っているのか?
  • また、XMを利用するデメリットはあるのか?

今回は、そんな疑問にお答えする形でトレーダー界隈でXMが推されている理由について紹介します。

海外FX業者XMでトレードするメリットとデメリット

まず、海外FX業者が注目され出したのは日本金融庁の規制が厳しいことが原因のひとつとして挙げられます。

日本の取引業者だとレバレッジ制限があり最大25倍でしか取引できません。
レバレッジとは預けたお金に対して掛けられる金額の倍率です。

その他には追証をなくすことができない法律もあり、借金を負う日本人トレーダーが続出する始末。
その点、海外FX業者はレバレッジも数百倍と高く、しかも追証もありません。

ボーナスなども豊富なので、少ない資金で安全にトレードできるのが最大の魅力です。

そんな、海外FX業者の中でも管理人がオススメするのは海外FX業者「XMTrading」

XM口座開設(公式)

FXがはじめての人や海外FX業者がはじめての人でも安心して使えるXMをおススメします。

XMでトレードするメリット

まずはXMのメリットから主なものを紹介していきましょう。

ハイレバレッジでトレードできる

海外FX業者の最大の魅力といっても過言ではないハイレバレッジ。
XMのレバレッジは最大888倍です。

国内のFX業者は金融庁の規制により最大25倍と決められています。一度ハイレバレッジトレードを経験するともう国内のFX業者には戻れません。

ハイレバレッジの何が良いのかというと少ない証拠金で大きなトレードができること。
例えばドル円をトレードしたとします。1ドル100円だと仮定すると、

XMレバレッジ888倍証拠金1,200円
国内業者レバレッジ25倍証拠金40,000円

こんなにも差が出ます。

証拠金を10万円用意したとして、国内業者では2ロットですが、XMでは80ロットも取引ができてしまいます。

小額資金で大きな利益を狙えるのは夢があっていいですよね。

追証が発生しない

冒頭でも少し説明しましたが、急激な為替変動などで損失が出た場合、口座残高がマイナスになる事があります。これで〇〇ショックのときはいつも追証で借金を負う人が続出するのです。

しかし、XMは追証なしのゼロカットシステムを採用しているので、口座残高がマイナスになってもゼロにもどります。マイナス分はXMで負担してくれます。

つまり、ハイレバレッジで取引して口座残高がマイナスになっても追証が発生することはありません。

一発逆転を狙うトレーダーは、小額資金でゼロカットシステムを盾に大きなトレードをして、いつか大勝をすることを夢見て何度もチャレンジするんです。

約定力の高さ

FXで利益を出し続けるには、約定力の高さが重要になります。業者選びはこれが結構重要。ここがチャンスだといざトレードしてもスリッページや約定拒否が発生してしまったら何の意味もありません。

注文を出した価格とその後、実際に約定した価格との差が生じること

デイトレードやスキャルピングトレードなど短期売買の場合は致命的です。
その点、XMは約定力が高く注文がスムーズに通り快適なトレード環境が手に入ります。

急激な相場変動があったとき、国内の業者が軒並みシステム障害になったことがあったのですが、XMは普通にトレードできていました。後にそのシステム障害が原因で多くの人が損失を出したそうです。

特典やボーナスが豊富

XMで口座開設や入金、トレードを行うと沢山のボーナスや特典がついてきます。

  • 口座を開設するだけで3000円ボーナス
    この3000円すぐに取引に使えます。未入金で取引が出来てしまうのです。
  • 入金ボーナス
    XMに入金すると総額5,000$まで入金ボーナスがついてきます。
    約5万円までは100%入金ボーナス(2倍になるということ)、その後は20%までボーナスが付きます。少ない資金でお取引を考えの方は大きいメリットになります
  • XMポイント
    取引するたびにXM独自のXMポイントがキャッシュバックされます。気づかないうちにかなりのポイントが付き、これは証拠金にすることもできるし現金として出金することもできます。

国内業者ではまずありえない特典です。

関連記事:
XM(エックスエム)ボーナスの種類と受け取り方|ボーナス消滅には注意
XMロイヤルティポイントのステータスを簡単に最上位まであげる方法

優秀な取引ツール、メタトレーダーが使える

XMではメタトレーダー社のMT4とMT5が使用できます。
自動売買をメインに運用していく場合、メタトレーダー利用は必須条件となります。

海外FX業者ではどこもMT4もしくはMT5がトレードツールなので、たとえ業者を変えても使う取引ツールは同じとなりかなり便利です。

また、MT4/MT5アプリもあるのでスマホのみでもトレード可能です。

安全性が高い

XMは日本の金融庁に登録されているFX業者ではありません。
海外FX業者だから当然ですね。

では、安全性が低いかというとそうではありません。

XMでは金融ライセンスとして、世界最難関といわれている英国FCAライセンスを取得しています。(英国金融行為監督機構(FCA)

このライセンスは特に入出金の部分については厳しく管理されています。

残念ながら、すべての海外FX業者が安全とは言えません。安全性を測る指標として金融ライセンスの有無は重要となります。

取引の透明性が高い

XMは取引方法としてNDD方式を採用しています。

NDD方式はディーラーを介さない方式で、ノン・ディーリングデスク(None Dealing Desk)の略。インターバンクと直接取引をするので透明性が高い。

インターバンク直結方式なので、複数の金融機関が提示するレートのなかで最も有利なレートで取引することができます。とても透明性の高い取引方法がとられています。

また、NDD方式のFX業者の利益は主にトレーダーの取引コスト(手数料、スプレッド)なので、長く取引してもらえることが企業にとっての利益につながります。よって、トレーダーに気に入ってもらえるようにどんどんトレード環境が良くなっていきます。

一方、国内FX業者はDD方式です。

インターバンクに出さず、ディーラーの裁量が入るため不透明な点が多いのが特徴。DD方式のFX業者はトレーダーの損失が利益となるため、稀にストップ狩りなどの悪質な不正行為も行われることがあります。

日本人ユーザーが多くサポート体制も万全

海外FX業者の中で日本での知名度はXMが圧倒しています。
XMを使っているトレーダーが多いことから「操作がわからない」などあった場合、グーグル検索をすればほぼすべて解決します。たくさんのユーザーがいる強みの一つです。

またXMのサポートも日本人が多く在籍しており安心して問い合わせを行うことができます。

XMサポートは、メール問い合わせの他、チャット形式でも質問することもできます。レスポンスもはやく不安になる事もありません。24時間サポートなのも安心ですね。

投資をする上で安心感を持って取引できるのはとても大切な事です。

XMのデメリット

ここではXMのデメリットみていきましょう。
XM特有のものもあれば海外FX業者共通にいえることもあります。

スプレッドが広い

XMは確かにスプレッドが他の海外FX業者に比べても少し広いです。

ただし、XMポイントがトレードごとに付与されることで、実質取引コストは他の業者よりも有利です。

また、ZERO口座というスプレッドが0の口座も用意されているので、XMのスプレッドが広いというのは一概には言えません。

ちなみにZERO口座はスプレッドが0の代わりに取引手数料が発生します。スキャルピング向きの口座です。

ストップレベルが高い

XMに限らずですが、海外FX業者はストップレベルが広めに設定している場合が多いです。

ストップレベル(Stop Level)とは、指値注文や逆指値注文などを出すときに、現在レートから最低限離さなくてはならない値幅のこと。

例えば、ドル円の現在レートが100.00円でストップレベルが4pipであれば、100.04円以上もしくは99.96円以下で予約注文をしないと注文が通りません。

あまり近似値に注文を出すことはないので今まで困ったことはありませんね。

口座残高によってレバレッジに規制がかかる

XMの良さはレバレッジの高さにありましたが、残高が増えるとレバレッジが低くなっていきます。
小額の証拠金で利用する場合は問題ないのですが、証拠金が200万円を超えるとレバレッジに規制がかかります。規制は3段階で行われます

  • 200万円未満:レバレッジ888倍
  • 200万以上:レバレッジ200倍
  • 1,000万以上:レバレッジ100倍

正直、資金が増えてきたらレバレッジを減らしても問題は無いとおもいます。1,000万円以上でも100倍までレバレッジが効かせる事ができるなら充分ではないでしょうか。

入出金が面倒

海外FX業者は、どうしても国内業者と比べると入出金が少し面倒です。

例えばクレジットカードで10万円入金して利益が3万円の場合、全額を出金しょうとすると2つ手順が必要になります。

基本的に出金は入金と同じルートでしかできず、10万円はクレジットカードへ、利益の3万円は国際電信送金になります。XMに限らず海外の業者はこのパターンが一般的。

また、海外送金は即時送金とはいかず、出金に3営業日は掛かってしまいます。

関連記事:XMからの出金方法・手数料・着金までの時間|銀行送金とbitwallet

法人口座が作れない

XMでは法人口座がつくれません。以前は作れたのですが現在は受付を中止しています。

法人口座をつくるメリットは税率がやすくなる、損失の控除期間などメリットはあるのですがXMでは作れません。

口座を90日間放置すると凍結口座に

XMに限りませんが、長期間口座を放置すると凍結される恐れがあります。凍結口座になると口座の復活はできなくなり、ログインすらできなくなります。

ただし、口座が凍結されたとしても再度口座を開設すればまた使えるようになります。

関連記事:XMの簡単な追加口座開設方法と5つの活用方法

まとめ

海外FX業者の中ではダントツの知名度をほこるXMのメリット・デメリットを紹介しました。

ボーナスキャンペーンや特典だけではなく、日本語でのサポート体制やトレード環境の良さなどを考えると、他の海外FX業者より1歩も2歩もリードしています。

デメリットに挙げたスプレッドの広さについても海外FX業者の中ではごく一般的でとりわけ高い訳ではありません。しかもXMポイントが付きますしね。

XMは、約定力や取引コスト、サポート体制、全てにおいて高次元でバランスの取れているFX業者と言えます。



\ 今すぐ3千円ボーナスと5万円入金ボーナスを受取る/

XM口座を開設する