XMロイヤルティポイントのステータスを簡単に最上位まであげる方法

XM(エックスエム)ではトレードごとに独自ポイントとして、ロイヤルティポイントと言われるXMポイント(XMP)が自動でたまっていきます。

このXMポイントは、トレード毎に付与されるポイントなのでスプレッド分がキャッシュバックされるようなイメージとなります。よって、実質スプレッドがゼロに近くなります。他の海外FX業者にはないかなりお得なボーナスポイントです。

また、XMPはある条件をクリアしていくと段階的にステータスが上がり、XMPが最大2倍まで付与されるようになりますがこのステータスを簡単に上げることもできます。

今回は知らないと損をするXMPについて詳しく解説していきます。

 

\ ボーナスシステムが豊富なXM口座を開設する/

XM口座を開設する

XMP(ロイヤルティポイント)とは

XMポイント(XMP)は、トレードごとに付与されるXM独自のポイントシステムです。

ロイヤルティポイントは、ロイヤリティステータスによってレベル分けされ、条件をクリアしていきステータスが上がると付与されるXMPも増えていきます。

また、XMPは口座に移して証拠金として使うこともできますし、現金として出金することもできます。

XMPを獲得するには

XMポイント ロイヤリティポイント

XMPを獲得するには、まずはロイヤルティーステータスを有効化します。

ロイヤルティーステータスの有効化方法は、XM口座を有効にして入金、そしてトレードしてポジションを決済することで可能です。ステータスはExecutiveから始まりトレードしてポジションを決済する毎にXMPが自動でたまっていきます。

たまったXMPはXM会員ページログイン後、右上の「ロイヤルティポイント」で確認できます。

ロイヤルティステータスとは

XMポイント ロイヤリティポイント

XMロイヤルティプログラムは条件をクリアしていくと段階的にロイヤルティステータスが上がっていきます。

ロイヤルティステータスは、4つの段階にレベルが分けられていて、EXECUTIVE、GOLD、DIAMOND、ELITEとステータスが上がるごとに付与されるXMPが増えていきます。

1ロットのトレードで何XMP付与される?

ロイヤルティステータスによって付与されるXMPは変わります。

  • EXECUTIVE:10万通貨ごとに10XMP
  • GOLD:10万通貨ごとに13XMP
  • DIAMOND:10万通貨ごとに16XMP
  • ELITE:10万通貨ごとに20XMP

EXECUTIVEが1ロット10XMPなのに対して、最上位のELITEでは2倍の20XMPが付与されるようになります。

ただし、最低でも10分以上ポジションを保持する必要があります。
ポジションを持ってすぐに売買してもXMPは増えません。

また、10万通貨ごとと記載しましたが、1万通貨でも1000通貨でもXMPは付与されます。

ロイヤリティステータスが上がる条件

ロイヤリティステータスが上の段階に進むためには下記の条件があります。

  • Executive レベル:初回
  • Gold レベル:30日間取引後にExecutiveからGoldへ
  • Diamond レベル:60日間取引後にGoldからDiamond へ
  • Elite レベル:100日間取引後にDiamond からElite へ

ロイヤリティステータスが落ちる条件

ロイヤリティステータスは上がるだけではなく落ちてしまうこともあります。同時にXMPも期限が切れてしまいますので注意が必要です。ちなみにステータスが落ちるときはEliteレベルであってもExcutiveまで一気に落ちます。

  • Gold ステータス:30日間取引がないとリセットされる
  • Diamond ステータス:60日間取引がないとリセットされる
  • Elite ステータス:100日間取引がないとリセットされる

ロイヤリティステータスを簡単に上げる方法

ロイヤリティステータスについて説明してきましたが、簡単に最上位のElite ステータスまで上げる方法があります。

ロイヤリティステータスは30日間、60日間、100日間取引するとステータスが上がるというシステムですが、実は、ポジションを保持し続けてるだけでもステータスは上がります。

そのため、ポジションを100日間保持し続けることでEliteまで一直線に上げることが可能なんです。それも10通貨や100通貨の少量でも良いので保持し続ければステータスは自動で上がっていきます。

 

マイクロ口座であれば10通貨からトレードできるので、このためだけにマイクロ口座を追加口座開設してロイヤリティステータスを上げても良いですね。

 

当たり前のことではありますが、次のチャンスがくるまでトレードしないとか、負けが込んでしまって入金まで期間が開いてしまう可能性がある場合は有効な手段です。

少しだけポジションを残しておいて放置しておけば、次のチャンスのときにはEliteステータスになっているのでXMPが2倍付与されるんですからね。かなり有利にトレードすることができるようになります。

XMPを換金する方法

XMポイント ロイヤリティポイント

XM会員ページログイン後に右上の「ロイヤリティポイント」をクリックして、クレジットに換金か現金として出金するか選び「今すぐ交換」をクリックすることでそれぞれに換金することができます。

何ポイント換金するか次のページ以降で入力して換金しましょう。

XMP換金率

XMPは証拠金としてクレジットに変換することもできますし、現金として出金できることは説明してきましたが、それぞれ換金率がまったく異なります。

XMPは証拠金としてクレジットに変換するほうが断然有利でお得です。

証拠金としてクレジットへのXMP換金率

ロイヤルティポイント(XMP)を証拠金として使うために保有口座へクレジット入金するときの換金率について説明します。

XMP÷3=証拠金($)という計算式です。

300XMP保有していた場合は、100$(1万1千円程)が証拠金としてクレジットに入ります。
1200XMP保有していた場合は、400$(4万4千円程)が証拠金としてクレジットに入ります。

現金として出金する場合のXMP換金率

ロイヤルティポイント(XMP)を現金に換金して出金するための換金率について説明します。

XMP÷40=現金($)という計算式です。

300XMP保有していた場合は、7.5$(825円程)を出金可能。
1200XMP保有していた場合は、37.5$(4125円程)を出金可能。

換金率が良いのは証拠金への換金

ロイヤルティポイント(XMP)の換金率が良いのは10倍以上の差がある証拠金への換金です。

確実に証拠金にして利用したほうがお得にXMPを利用できます。

XMPの活用方法

ここでXMポイントの活用例を紹介します。

  • XMポイントがたまったので追加口座に入金してトレードをする
  • 現金ではないのでゼロカットされてもいい覚悟で思いっきりトレード
  • XMでトレードするのをやめるので現金で出金する

普段使っている口座とは別にXMで追加口座を開設して、XMPを入れてトレードすることができます。

XMPだけでトレードできるので現金でのトレードとは違い思い切ったトレードが楽しめます。
わたしはいつもこれで一発逆転トレードしています。(意外に楽しめますよ)

現金で出金するのは換金率が悪いのでXMでトレードするのをやめるときが良いですね。

注意点

XMPについての注意点をまとめます。

  • 10分以上保持しないとXMPは付与されない
  • ZERO口座はXMPはない
  • 証拠金にクレジットした場合、出金するとXMPは消滅する
  • 一度証拠金としてクレジットするとXMPの出金はできない

XMPも他のボーナスと同じような扱いです。

まとめ

XMを海外FX業者のメインとして使っている理由のひとつが「XMP」というくらいお得なボーナスシステムだと考えています。

ロイヤルティステータスがEliteまでステータスが上がると、あっという間にXMPが数万円分たまってくるので、追加口座に移して思いっきりトレードしています。XMPだとあまり欲をかかずにトレードできるからか結構な勝率です(笑)

みなさんも参考にしてみてください。



\ 今すぐ3千円ボーナスと5万円入金ボーナスを受取る/

XM口座を開設する