初心者は海外FX業者を選ぶべき理由6つ!国内FX業者と比較したメリット・デメリット

FXをはじめるときに「FX業者選び」はもっとも重要なことのひとつです。
どのFX業者を使うかによってある程度の勝敗が決まるといっても過言ではありません。

FX業者選びもそうですが、まず迷うのが「海外FX業者」にするか「国内FX業者」にするかですよね。世の中には色々な情報が溢れています。

国内FX業者を紹介しているサイトやブログでは、海外FX業者を悪く言うところも少なくないですが、間違った情報が多いのも事実です。惑わされないようにしましょう。

FX初心者ほどはじめに海外FX業者を選ぶべきなんです。
はじめは国内だと安心するのか国内FX業者でトレードをはじめるかたがホントに多いですけどね。

今回は初心者がはじめに海外FX業者を選ぶべき理由について解説します。

FX初心者が海外FX業者を選ぶべき理由

簡単に海外FX業者が良いといっても、海外FX業者と聞くだけで不安になってしまう方もいるかもしれませんね。

  • 何か困ったときのサポートは日本語で受けられるのか?
  • 問い合わせても返信は遅いのではないか?
  • 海外なので入出金に不安がある。
  • 海外FXでのトレードは違法なのではないか?
  • 本当に資産は守られるのか?

すべての海外FX業者ではなくいくつかの業者に限られますが、これらすべて海外FX業者のXM(エックスエム)ではクリアされている問題です。この点については順次解説していきます。

 

\ 海外FX業者でおすすめはボーナスも豊富なXMTrading/

XMを開設する【公式】

まずは、初心者が海外FX業者を選ぶべき理由について紹介していきます。

海外FX業者を使うことに違法性はない

一番気になるところなのは「海外FX業者を利用することに違法性はあるのかどうか」ですよね。

結論からいうと、海外FX業者を日本人が利用することに違法性はまったくありません。

日本国内のFXに関する規制として「金融商品取引法」がありますが、これはFX業者に対してのものです。トレーダーがどこのFX業者でトレードしようが自由なのです。金融庁だとかはまったく関係ありません。

初心者のかたも安心して海外FX業者を利用できます。

小額資金でもトレードが可能なハイレバレッジトレード

海外FX業者はハイレバレッジのトレードが可能です。海外FX業者の中で一番人気のXM(エックスエム)は888倍というハイレバレッジで取引が可能です。

ハイレバレッジでトレードできるということは、小額資金でトレードができるということ。
要は損失もそれだけ少なく抑えられてリスクが限定されるということです。

なお、XMのようにレバレッジが888倍あれば3万円や5万円という小額資金でトレードしても大きな利益を狙うことが可能です。

ハイレバレッジと聞くと、すぐに損失が出るイメージがあるのか、初心者にハイレバトレードは危険だ思われるかもしれませんが、それは完全に間違った考え方です。

資金管理と逆指値などロスカット設定をしていればまったく怖いことはありません。勘違いされている方は多いですね。

海外FX業者は888倍などハイレバレッジでトレードが可能。
反対に国内FX業者はレバレッジ25倍までしかできないので多くの資金が必要となる。

なお、海外FX業者の中にはレバレッジ1000倍2000倍というハイレバレッジ業者もありますが、信用できない業者もあるので注意しましょう。

追証がない

海外FX業者には「追証」というものがありません。いわゆるゼロカットを採用しています。

追証がないことは、FX初心者に海外FX業者を勧める大きな理由のひとつです。

追証とは、口座残高がマイナスになったら追加入金を請求されることを言います。
なお、国内FX業者は追証があります。

追証があることによって、数百万から何千万と借金を負うかたは実際多くいます。

海外FX業者は追証がないので、いくら相場が急落しても口座残高がマイナスになることはありません。

だから、3万とか5万の資金でハイレバレッジで思いっきりトレードしても最大損失は入金した額のみなので安心してチャレンジできるんです。

ボーナスが豊富

海外FX業者はボーナスがとても豊富です。

ボーナスというのは、例えばXMの場合、口座開設で3,000円ボーナス、入金すると100%入金ボーナスや20%入金ボーナス(最大50万円証拠金が増える)がもらえるというものです。
海外FX業者のボーナスはかなりの大盤振る舞いです。

XM(エックスエム)ボーナスの種類と受け取り方|ボーナス消滅には注意

少ない証拠金で勝負したい初心者にとっては5万円入金すると倍の10万円が証拠金として使えるようになるので、海外FX業者のボーナスはかなりうれしいシステムです。

取引の透明性が高く安全なNDD方式採用

海外FX業者は取引の方法として「NDD方式」を採用しています。

NDD方式とはトレーダーが注文したオーダーを直接インターバンクに通す取引方法です。
当たり前だと思うかもしれませんが、国内FX業者はすべてDD方式といって、間にディーラーが入る取引方法を採用しているので注文を通すかどうかはそのディーラー次第。どういうことかというと、国内FX業者はトレーダーの損失がFX業者の売り上げ(儲け)になるということです。

だから、実際にDD方式の国内FX業者は不透明な取引が多く「ストップ狩り」なんてあくどいことも平気で行ったりするという噂も多々あります。

NDD方式の海外FX業者は絶対にそのようなことはあり得ません。

海外FX業者の利益はスプレッドや手数料のみです。(だから多少スプレッドが広い)

長く使ってくれることがFX業者の利益につながるので、海外FX業者はトレーダーを大切にしていることが良くわかります。

メタトレーダー(MT4/MT5)が無料で使える

海外FX業者 国内FX業者 どっち

世界共通のトレードツールと言えば、メタトレーダー(MetaTrader)です。

メタトレーダーは、ロシアのメタクオーツ社(MetaQuotes Software)が開発している取引プラットフォームのことでMT4とMT5があります。FXだけではなく他の金融商品の取引にも対応しており、高機能で使いやすく世界中のトレーダーが愛用しています。

反対に国内FX業者はなぜかメタトレーダーは使用せず、各社独自取引ツールをリリースしています。

独自取引ツールが使いづらいFX業者にあたってしまうと大変…。他の国内業者に変えてもまた独自取引ツールの使い方を覚えなおさないといけないという悪循環。

その点、海外FX業者はメタトレーダーをメイン取引ツールにしているので業者が変わってもそのままメタトレーダーを使えるので使い慣れた取引ツールで継続してトレードできるという利点があります。

もちろんメタトレーダーは日本語に完全対応しています。

即日からトレード可能

海外FX業者は口座開設が数分で完了して入金後にすぐにトレード開始できます。
チャンスを逃すことなくトレードを開始することができます。

逆に国内FX業者は口座開設後にはがきなどでログインIDなどの連絡がくることが多いので、口座開設審査からIDの連絡までかなりの時間を要します。

口座開設の審査も結構厳しめなんですが、理由は追証があるからだと言われています。追証を払える能力があるかどうか…。口座開設時も年収だとか会社の役職だとか根掘り葉掘り聞かれますからね。

海外FX業者は追証がなく入金額以上の損失もないので、即日口座開設、即日透明性の高いトレードが開始できます。

もちろん、フリーター、主婦・主夫、学生、18歳以上であれば誰でも口座開設可能です。

海外FX業者のデメリットとは

ここまで海外FX業者のメリットばかりを取り上げてきましたが、デメリットも紹介したいと思います。

すべてが安全なFX業者ではない

海外FX業者にも安全ではない可能性のあるFX業者が結構あります。

特に運営開始間もないFX業者は不安要素が多いのが現実です。トレーダーを集めたいから無理なキャンペーンを行ったり、レバレッジやボーナスなど他よりも良くして集客する傾向が強く、肝心の安定性や金融ライセンスなどの安全性の担保がないことがあります。

安全な海外FX業者かどうかは、運営年数や日本人のトレーダーが多く利用しているかで判断するしかありません。

なお、XMTradingは2009年からFX事業を開始しており、世界196カ国(20言語)でサービスを展開している業界の中でも老舗といわれるFX業者として日本人トレーダーに人気です。

 

\ 海外FX業者でおすすめはボーナスも豊富なXMTrading/

XMを開設する【公式】

 

日本語対応ではないFX業者がある

どうしてもレバレッジやボーナスに目がくらんで海外FX業者を選んでしまうと、まだ日本語対応できていない業者にあたってしまったり、サポートに日本人がいない業者がいたりして苦労することがあります。

その点は見極める必要があります。

XMは日本人のサポート窓口があり、対応も丁寧なので安心です。

入出金が面倒

国内FX業者と違い海外FX業者は入出金が少し面倒です。慣れてしまえばなんてことないんですけどね。

はじめは海外送金と聞くと不安なこともあると思います。

クレジットカード入金やbitwalletなどのオンラインウォレットを利用すれば即時入金もできますが、多くは銀行振り込みを利用するので時間が掛かることがあります。

ただ、最近はXMも出金の際には即日振込されるようになりました。だんだんと便利になっていきますね。

なお、XMは出金拒否などはありませんので安心してください。

税金面

国内FX業者と海外FX業者の違いのひとつに利益に掛かってくる税金があります。

国内は一律で20%課税されますが、海外FX業者で稼いだ利益については金額が上がってくると税率も上がってくる仕組みになっています。

課税所得金額税率控除額
195万円以下15%0円
195万円~330万円以下20%97,500円
330万円~695万円以下30%427,500円
695万円~900万円以下33%636,000円
900万円~1,800万円以下43%1,536,000円
1,800万円~50%2,796,000円

なお、すべてで不利になるわけではなく、年間330万円以下であれば海外FX業者で利益を得たほうが国内よりも税金は安いです。

信託保全の義務化有無

海外FX業者は信託保全が義務化されていないので資産の安全面で不安が残る業者が存在します。自分が口座開設しようとしている業者が信託保全されているか事前に確認が必要です。

なお、XMは全額信託保全されているので安心です。

スプレッドが広い

海外FX業者は国内FX業者よりも一般的にスプレッドが広くなっています。
(最近は国内FX業者と大差なくなってきています)

理由は海外FX業者はNDD方式だからです。

クリーンな取引方式のため、スプレッドなど手数料が利益になっているからです。しかし、例えばXMポイントなど取引毎にポイントが付与されるなどキャッシュバックされるFX業者もあるため、一概にスプレッドだけみて使いづらいということもありません。

まとめ

初心者が海外FX業者を選ぶべき理由について解説しました。

海外FX業者のほうがハイレバレッジなので小額資金でトレードできる上に、追証がないので安心してチャレンジできるのが大きいですね。

唯一海外FX業者で入出金が面倒だと感じる方が多いようですが、一度入出金を試してみれば簡単に感じるはずです。

>> XMへの入金方法|入金反映時間が一番早いのは?

>> XMからの出金方法・手数料・着金までの時間|銀行送金とbitwallet

 

\ 海外FX業者でおすすめはボーナスも豊富なXMTrading/

XMを開設する【公式】



\ 今すぐ3千円ボーナスと5万円入金ボーナスを受取る/

XM口座を開設する